幼児教室に通わせるなら何歳からがベスト?

子どもが健やかに育ち、夢を持って生きぬくために大人ができることの一つとしての教育

社会生活を快適に

音楽や芸術作品の創出など、人が育った環境で素晴らしい作品を生み出して、後世の人たちに、人生に影響を与える作家になる可能性もある子供たち。
ベビーマッサージなんてのもあるくらいだもの。
幼い頃から、始めるに越したことはないのではないでしょうか。
スポーツの世界でも、一つのスポーツに執着してエネルギーを注いでいる人がいますよね。
そんな人の保護者の方達など、周囲の人の理解と協力がないと成し遂げられないことであると思えてなりません。
そして、その努力は経済的に安定していないと成し遂げられないことのようにも思えたりもします。
果たして、そうでしょうか。
湯水のごとくお金をつぎ込んで、幼児教育に取り掛かっている人もいるでしょう。
まるで宗教的に取り憑かれたように、子どもにとって良いとされる事柄を全て取り入れてしまうと、もしかするとチグハグな結果になってしまうかもしれないですよ。
どんな子に育って欲しいのか、また言語の異なる人とも共生も叫ばれる昨今、これがあれば大丈夫という「これ」がない状態ではないでしょうか。
それなら、簡単にコミュニケーションが取れるダンスや踊りが、一番、手っ取り早い教育になる可能性もありますよね。踊りは古代からも文化でもあることですし。
幼児からだと体も柔らかいから、いろんな動きもできるでしょう。そして、どんな身体の動きをすれば、どんな思いを伝えることができるのか、なんて考え出したらキリがないですね。

現在も、空気が健康に及ばす影響もはかりしれないですよね。

この子たちが、世の中で活躍する頃には、どんな世の中になっているのでしょうか。 今よりも、もっとインターネットの進化もしていて、様々なところで格差と呼ばれる多様性が充満していることでしょうね。 そんな予想もつかない世の中で生きるために、どんな教育が良いのでしょう。

健康な精神は健康な肉体に宿る

体が思うように動かせることが、楽しくて生きるエネルギーになることもあるでしょう。先天性に体にハンディキャップを持って生まれてきた人も、何ら問題なく、競技に出場されている人もいます。それは、周囲の協力は必須ですが、何より、本人のやる気が根底にあってのこと。

楽しむココロ

何事も、楽しくするという気持ちの持ち方が、大切でしょう。強制なんてNG。子どもと一緒に楽しむ気持ちがあれば、年齢に関係なく何事にも取り組めるのではないでしょうか。そして付き添いの大人が楽しんでいると、自然と自分も楽しみたいと思い、そのことがらに興味や関心を抱くのではないでしょうか。