子どもが健やかに育ち、夢を持って生きぬくために大人ができることの一つとしての教育

現在も、空気が健康に及ばす影響もはかりしれないですよね。

社会的に表現する手段の方法

部屋の中で安全なところで、表現するということは、文字を書くということや絵本で、想像力を鍛えるということでしょうか。それも、良質な作品から得ることも重要であると、私は思います。
私は、他者と共感を得たり自分の思いを表現することが幸福感につながるという確信を持っているからです。そして、感性は幼少の頃の環境にも影響されることが大きいとも考えられます。
生育歴とでもいうのでしょうか。
反対に劣悪な環境で育った人は成人になってから、大変な思いをしたり、自分自身の思いや感情を暴力でしか表現できないでいる人も多いのではないでしょうか。
だとしたら、良質な環境を整えることが大人の役目でもあると思ったりしませんか。
強制的ではなく、大人も一緒に心から楽しめることがらが、見つけられる心のスタンスが肝になると思うのは、いささか飛躍した考えでしょうか。

室内から一歩も外出しないのは、不自然だよ

体を動かしたり、屋外での体験で、未知の世界があることを知ったりすることは、とても大切でしょう。
自動車のCMではないのですが、冒険したり挑戦してみたりと生活圏内ではない世界もあることを知ることも大切でしょう。
人間とは違うのですが、以前に山の中で滝で遊んでいる盲目の犬がいました。飼い主によると病気で失明をしていても、感覚的に滝が好きだった犬は、滝の水に打たれたりすることが好きで癒しにもなると話していました。
人の哺乳類の一種として考えると、自然との戯れで感じたり学ぶことが多々あるでしょう。
当然、安全は確保しておくことが必須ですがね。また、子どもの反応を通して大人が、学ぶこともあるでしょう。互いに楽しむ気持ちがあれば、遠いところまで行かなくても、近くの公園でも、十分、草木はあるでしょうし。