子どもが健やかに育ち、夢を持って生きぬくために大人ができることの一つとしての教育

健康な精神は健康な肉体に宿る

部屋の中で体を動かすこともアリ?

乳児の頃は、外出することも大変でしょう。でも、室内で行えることだと何かと便利ですよね。
何しろ、大切なお子様を外出して疲れさせるというよりも、いつも過ごしている室内や、リビングでのストレッチのような簡単な運動もいいかもしれないですね。
そして、マッサージなどを通じて、体の異常がないかも確認することにも繋がったりしますしね。
また、体をさするだけでも、コミュニケーションにつながると思うのは、大げさすぎでしょうか。
大切にされているいう感覚は、乳児であってもから体の細胞に記憶されるかもしれないのではないかしら?なんてのは、思い過ごしでしょうか。
それらは、どこかの教室に通うということもあるかもしれないですが、トレーナーが出張してくれる場合もあるのでしょうね。だって、ベビーシッターがいるんだもんね。

屋外で体を動かしてみる

屋外で体を動かすという目的よりも、野外キャンプなどもいいかもしれないですね。当然、幼児の場合は、記憶にも残らないかもしれないですが、写真や映像などで記録をしておくと、成長記録としてもいいでしょう。また、成人してからも節目節目に見ることで、いただいた愛情を確認することもできますからね。水泳教室などもいいかもしれないですね。専門的なことはわからないですが、母親の胎内にいる時も羊水に包まれていたのですから水は、安心できるのではないでしょうか。そんなの、教育じゃないという人もいるかもしれないですが、健やかに育つように関わることや、大切に思う気持ちがあれば、教育や幼児教室よりも意味や価値があるように思うのは、いけないことではないでしょう。